絵本の作り方とは?製本業者6選

絵本の作り方を学べるサイトが見つかります

こちらのサイトは、絵本の作り方、製本の仕方を学びたいという人たちのためにおすすめです。「絵本に興味がある」、「絵本を作ってみたい」など、絵本作りを希望している方が、製本の方法を学べるサイトを手軽に比較できます。

絵本の作り方や製本の方法などを詳しく紹介したところを多く検索できますので、自分が探しているサイトが見つかる可能性があります。また、こちらのサイトには様々な機能があり、例えば、検索機能が充実しています。検索機能を上手く活用することで、絵本を効率的に作れるようになります。

絵本の作り方を掲載しているサイトはたくさんありますので、その中から自分が希望とするところを選ぶのは大変です。そんな時に便利なのがこちらのサイトであり、アクセスして検索するだけで理想のサイトが見つかります。絵本の製本を効率的に行いたい方は、ぜひ一度アクセスしてみてください。

きょうゆう出版

公式サイトはコチラ

東京の板橋区で同人誌やサークル誌や絵本などの自費出版などを扱ってくれる会社がありまして、きょうゆう出版と名乗っています。この会社の営業時間は平日の朝9時から夕方の18時までで、日曜日と祝日は定休日となっています。

会社では同人誌など個人の出版物を扱っていますが、オリジナルの絵本の作り方では事前に原稿を用意した後に、PSD形式・PDF形式でサイト上から入稿することができます。この際に原画などは店頭持ち込みや郵送でも対応可能です。その後の製本方法は無線綴じである並製本かハードカバーである上製本の選択などが求められますが、詳細は公式サイトに掲載されています。

なお完成した製本は宅配便で送ることもできるし、イベント会場へ直接搬入することもできます。ちなみに支払方法はクレジットカードまたは銀行などでの事前振り込みとなります。

POINT

事前予約して発注と直接来社すると来社割引してもらえます
2種類のオプションから色校正をしてくれます
出来上がった製品をイベント会場に直接搬入してくれます

スピード冊子印刷.com

公式サイトはコチラ

注文ロットは1冊から気軽に注文をすることができます。小口の注文も受けていて用途は様々です。絵本だけでなく、大学院の修士論文の製本も1冊から注文を受けているのです。スピーディーな納期にも対応することができる会社です。

サッシ印刷を専門に扱っているのがスピード冊子印刷.comです。サッシの作り方はホームページでサンプルが紹介されていて、それを見ながらネットで注文することができます。入稿はネットから簡単にできる様になっています。

最近では、個人による写真集の製本の依頼が増えています。旅行の際に撮影した写真を製本し、親戚や友人などに配ることも可能です。製本にまつわる見積もりは、自動見積りが便利です。

POINT

本に合わせて選べる製本のタイプ
高品質や丈夫さを兼ね備えている
利用客の満足度は96%以上と好評価

ガップリ!

公式サイトはコチラ

オリジナル絵本は、50冊から制作することができるようになっています。これなら、自分で作った絵本を親戚や知人に気軽に配ることができます。また、絵本は縦横自由に選ぶことができるので、自分の思い描く絵本に仕上がります。

特殊な撮影方法で、原画の質感をそのままにデータ化することができるのが、ガップリ!の特徴です。絵本の作り方における多数のスキルを有していることから、要望に合わせてスキャニング方法を変えることができるのです。

製本から容姿の質感まで選択肢が豊富なので、理想とする絵本に仕上げることができます。製本方法にとってもくるみ製本から糸がかり綴じ、それにミシン綴じまで見開きを考慮して選べます。

POINT

プロ仕上げのハードカバーで絵本を自主制作できます
原画をそのままスキャンするので仕上がりが綺麗です
凹凸のある原画は独自の撮影方法で取り込むでもらえます

冊子印刷のオリンピア

公式サイトはコチラ

従業員がたった10名の会社でありながら官公庁や学会なども含めてあらゆる冊子の印刷に対応した会社があります。そこはオリンピア印刷株式会社で、冊子印刷のオリンピアという印刷のための通販サイトを運営しています。問い合わせ対応可能時間帯は月曜日から金曜日の9時から19時までで、土休日は休業日です。

このサイトではいろんな冊子や絵本などの製本を受け付けていますが、個人はもちろん、官公庁や大学などの学会などの論文や報告書、さらに業界のマニュアル、教育界の問題集などあらゆる印刷に対応しています。絵本などの作り方ではスタッフが依頼者の要望に応えられるようにサポートしています。

ちなみに原稿はワードやイラストレーターやPDFなどあらゆる形式に対応しているし、印刷では自社一貫生産で外部に一部工程を依頼することなく行っていますので、情報が外部に漏れにくくしています。

POINT

サイト上で自動見積もりの計算ができます
少人数の会社ながら官公庁や学会などの冊子も扱っています
自社一貫生産をすることで機密性の維持確保をしています

絵本プレス

公式サイトはコチラ

絵本の原画というのは、実はそのままでは印刷をすることは不可能です。一旦原画をデータ化することにより、絵本の印刷が可能となります。このデータ化については、自分でできる場合はコストを抑えることができます。

製本のオプションには、特急印刷というサービスがあります。対応できるのはテンプレートがすでにあるものに限定されますが、どうしても急いで絵本の製本をしたいという方に向けたオプションサービスとなっているのです。

絵本の作り方は、目的に合わせて製本方法を自由に選ぶことができます。絵本プレスが用意している製本の方法によっては、ハードカバーからペーパーバックまで幅広く対応できます。

POINT

一冊から作ることができる自分だけの絵本が魅力です
オンデマンド印刷なのに本格的な製本をしてもらえます
絵本教室で絵本の作り方を一から学べます

プリントビズ

公式サイトはコチラ

プリントビズは大阪の中央区に本社がある北東工業株式会社が運営する印刷通販サイトです。この通販サイトの電話での問い合わせ対応可能時間帯は月曜日から土曜日の9時から19時までとなっています。なお日曜日と祝日は定休日扱いです。

プリントビズでは様々なフライヤーやチラシなどの印刷物の印刷だけでなく、絵本などの製本も取り扱っています。これら印刷物はオンデマンドやオフセットやサイン・ノベルティ印刷など多様な作り方に対応しています。

製本依頼をされる場合には、事前に打ち合わせることで製本可能と不可能な事例を紹介するなどして、最適だと思われる製本プランを提案するなどしています。なお支払方法はクレジットカードや銀行振り込みや代金引換など多彩に対応しています。

POINT

送料とweb校正が無料になっています
商品代金は税金込みで表示されています
SIAAに指定されている10社のうちの印刷会社です

絵本の作り方を知っている業者は頼もしい

この世でたった1つだけの魅力的な絵本を作りたいのであれば、絵本の作り方を熟知しているような、有名な製本業者に声をかけることが重要となってきます。その類の業者は基本的に人気があるので、ちょっとした努力と工夫をすれば、いろいろなコンテンツやメディアを通して調べることができるようになるでしょう。例えば、絵本の情報が集まっているキッズ用の雑誌などでも、紹介されていることがあります。それから、インターネット上からも当然ながら全国規模で調べることができるので、興味があるならパソコンやスマートフォンのスイッチを入れて、絵本作成業者の評判を確認するようにしておきたいところです。なお、身の回りで絵本の作り方を熟知している業者に関して明るい人がいるなら、その人に話を通し、直接紹介してもらうのも1つの有効的な手段となります。

ちなみに今の時代の絵本の作成業者は、基本的にインターネット上でそのまま製本を依頼することができるので、ホームページ上から連絡をとってみると良いでしょう。連絡を取る前に、基本的なホームページを細かいところまで確認して、どのような特徴を持つ業者なのかを調べておいた方が利口です。例えば、絵本作成業者として、今までどのような絵本の作成に携わってきたのか、その作成事例を調べておくことが重要となります。そうすることで、デザインセンスや企画提案力に優れているオーダーメイド作成業者かどうかを調べることができるでしょう。制作事例は業者の実力を推し量る上では、貴重な参考材料となるので、ホームページでチェックできるようであれば、絶対に見逃さないようにしておきたいところです。

それから、絵本を作成してもらうときの料金設定に関しても、業者によって変わってきます。予算が決まっているのであれば、その予算内で理想的なデザインの絵本を作ってもらえるように、努力と工夫をしましょう。業者に最初にこちらの予算を伝えて、その予算内でできることがどういったことになるのか、その部分をきちんと聞いておくことが大事です。加えて、ストーリーが決まっていたにもかかわらず、デザインが決まっていないと言うことが多々あります。そういった時も、特定の業者のところに在籍しているデザイナーや、紹介してもらえるイラストレーターなどを利用すれば、最後まで完成させることができるでしょう。イラストのデザイン料、そしてイラストレーターのコンサル料金等が上乗せになることもあるので、どのくらい料金がプラスになるのかを確認してから利用することも大事です。

カテゴリー